金と銀と紙切れと

価値があると信じられているお金や金・銀について考えたりするブログです。

金・銀を買うように勧める人たちがいますが

(´・ω・`)

こんにちわ、こんばんわ。

 

僕は貧乏人ですが、チビチビと金・銀を買っています。

最近は銀を買うことが多くなりました。

日々、感じる疑問とか考えたことを書きなぐります。誰か教えてくださいな。

 

金銀を買っといた方がいいぞー

僕が貴金属を買うようになってから、インターネットで金・銀、世界経済、金融について検索することが習慣になりました。そうしたときにネット上で必ず出会うのが、もうすぐ経済が破綻するから金・銀を買いなさいという書き込みです。

 

僕はそのような情報を検討し、自分の判断で金銀を買っているのですが、「本当か?」という疑いの気持ちも常に持っています。

疑ってみる

たとえば、アメリカがデフォルトして世界経済が崩壊するという書き込みは2008年くらいからあるようですが、もう10年くらい経ってるけどまだ壊れていないのでは!?とか普通に思います。

だけど、現状のシステムを継続させるために抵抗している人たちがいるのかも?とか、実はシステムの崩壊は始まっているけれどマスコミが情報を隠蔽しているから我々一般人が気づかないようになっているのかも?とか都合の良い解釈をしたりしています。お恥ずかしい。

 

妄想1(商人の野望)

金銀を買いなさいという情報で誰が得をするかというと、貴金属を売っている商人ですよね。金銀が過去の遺物として人々から無視されてしまったら商売上がったりですから。だったら、広く信用されている紙切れがもうすぐ無価値になるっていう嘘を流して恐怖心を煽り、貴金属なら価値が無くならないよって囁いて売るってことがあってもおかしくありませんよね。

 

僕が一番影響を受けたマイク・マロニーさんはどちらかというと貴金属を売るサイドの人間だから、これから銀は上がるぞって言うのはビジネスマンとしては分かります。ただ、売る側じゃない有名人(だいたい外国の人)が貴金属が上がるとかドルがゴミになると言っているのを見ると、(゜-゜)うーんと考えたあと、やっぱり危機は近いんだ、備えておかなくちゃ!となります。

 

妄想2(新しいメタル誕生)

僕が特に気にしているのは、銀を買った方が良いという人が増えていることなんですが、ここでもう一つ妄想してみます。

銀は最も電気の伝導が良い金属なので工業製品には欠かせないそうですが、科学技術の進歩によって、さらに伝導率の良い金属(ニューメタル)が開発されており、その事実が一部の人間だけに知らされているとしたらどうでしょう。

今後、銀は工業用途で使われなくなります。だったら、ニューメタルが一般に公表される前に高い値で銀を売り払いたいという商人の野望(結局これ)があってもおかしくないのでは?

そのために、銀を持ち上げているとしたら・・・なんてね。妄想です。

まとめ?

上に書いたことは金銀を買えと言っている人たちを批判しているわけではないですよ。僕がまだまだ勉強不足だから変なこと思ってるだけかも。

 

不換紙幣は価値がゼロになってしまうから、実物資産を持った方が安全だというのは納得がいきますが、商人の手の上で踊らされているんじゃないかと心配になるときがあります。リーマンショック以上の混乱とか金銀の価値がXX倍になる!とか大げさすぎるのは、どうなんでしょうかね?

 

海外ではどのくらい割合の人が経済危機を心配して貴金属を買っているのでしょうか。日本より先を見て行動している方が多いと思うのだけれど。

疑問の答えが見つかったり、新たな疑問が出てくれば書いていきたいと思います。

 

では、また。