金と銀と紙切れと

価値があると信じられているお金や金・銀について考えたりするブログです。

自分の目で確かめよう

 (´・ω・`) こんにちわ、こんばんわ。

 

少し前ですが、至上最大規模の金鉱山が発見されたと中国の新聞が報じたようです。その経済価値は2兆円を超え、数十年間も採掘が可能とのことです。これが本当なら金価格に影響が出てきそうですね・・・。銀価格も。

イギリスの調査会社は銀価格は今後すこーし上昇するけど、供給過多になると予想しています。アメリカ、中国、インドの需要が減っており、技術革新によって銀以外の金属に工業的な需要が移っているとのことです。

まぁ、イギリスってあまり信用できないんですけどね。

 

以前に流れた金塊密輸事件ですが、中国マフィアが関与して日本の大都市に持ち込んでいたという話が本当のようです。やっぱり中国では有り余っている?それとも外貨が欲しかったのでしょうか。

 

さて、日本ではSBI証券が金/プラチナの現物取り引きを開始すると発表しました。なぜ、このタイミング・・・。マイナンバー制度の導入、特定秘密保護法共謀罪の成立と、日本政府は何をそんなに急いでいるのでしょうか。見えないところで 何かが進んでいるような気がしてなりません。

 

海外在住の頭がツルっとしたおじさん(有名人らしい)の話によると、アメリカの複数の銀行が倒産していて、スペインとイタリアの銀行も大変なことになっているそうです。さすがは紙切れ!でも、日本のテレビではこういった話は全く聞かないですね。日本には関係が無いから報道しないのかな?

 

フェイクニュースであふれる世界

BSプレミアムで面白い番組を見ました。BSスペシャル「フェイクニュースを阻止せよ」です。インターネット上に公開された情報の真偽を調査し、真実を明らかにするジャーナリスト達を追ったドキュメンタリーです。フランス大統領選が近づくにつれて、次々と発信される"フェイクニュース"とそれを簡単に信じてしまう人々。ジャーナリスト達はネット上にアップされた証拠品が偽装であることを見破り、情報の発信源を突き止めます。かっこいいですね。そんな彼らは多くの誹謗中傷を受け、精神的にダメージを受けているようでした。ジャーナリストの女性は心が折れそうになると訴え、悲しそうな表情をしていました。

 

インターネット上のニュースサイトの何割が嘘を付いているのでしょうか?何割が印象操作を行っているのでしょうか。フジテレビの情報番組もソース(情報源)を確かめずに放送してしまっています。

 

JPモルちゃんが不正操作?

十年以上前からインターネット上には金銀価格は操作されており、不当に安く抑えられていると主張する人々がいました。不正操作が無くなれば、金銀価格が上がると言うのです。去年だったか、ドイツ銀行を始めとするメガバンクが不正操作を認めて、賠償金を支払ったというニュースが流れました。これについても、テレビの報道で見た記憶がありません。日経平均株価とかは毎日報道するのに、何故なんでしょうか。

ジムおじさん

今年もアメリカのジムおじさん(有名人)が「経済崩壊するー、ドル崩壊するー」と言い始めているようです。僕はジムおじさんの発言を信用しません。毎年のように同じこと言ってればいつかは当たりますよね。以前に予言して外れた理由を教えてもらいたいものです。

 

世の中には真実のような嘘が巧妙に散らばっています。一億総白痴化されてる場合じゃありません。本当に金鉱山は発見されたのでしょうか、本当に銀現物は供給過多になるのでしょうか、本当に銀行は倒産しているのでしょうか。

自分で確かめる努力を続けていきたいです。

 

 ではまた。