金と銀と紙切れと

価値があると信じられているお金や金・銀について考えたりするブログです。

金銀購入はキケンがいっぱい

(´・ω・`) こんにちわ、こんばんわ。

 

先週、銀価格がガクっと下がりました。一部で21ドルまで上がっていくと言われていたのでガッカリした方もいたかもしれません。

(海外の動画を見ても、何が起きたんだと騒いでいました)

銀価格は上がる・・・?

銀価格が上がる理由として、価格の不正操作があることは前回少し書きましたが、もう一つ言われているのが銀価格に対する金価格の倍率(金銀比価)の話です。この金銀比価が70近くになっており、これは歴史的にみると銀が異常に安いということです。お買い得な銀を今のうちに買っておき、不正操作を止めさせれば、銀は本来の価格を取り戻す(上がる)という理屈ですね。

 

しかし、僕はやっぱり銀の価値に対する不信感を拭うことができません。

銀より金の方が好きという心理的理由かもしれません。

(金に比べて管理が面倒というのもあります)

 

不当に安いのではなくて

価格操作によって銀が不当に安く抑えられているのではなく、金価格が異常に高くなっているのではないか?金バブルが起きているのではないかと思ったりします。もっと言うと、金を買おう!と煽っているのが、実は金融資本ではないのかということを考えたりも。

バブルを作り出し、弾けさせて、ペーパーアセットを信じない人々を一掃するつもりではないのかと。国際金融資本は常に裏を読んでいるはずですから。

 

ジムおじさんのお言葉

アメリカでジョージ・ソロスさんと一緒にファンドを立ち上げたりして大儲けしたジム・ロジャーズさん。最近ふたたびヨーロッパから始まった金融危機が世界に広がってリーマンショック以上の被害を齎すと言っているようです。毎回、もうすぐ起きると言っていますね。

ロバート・キヨサキさんも2017年くらいに金融危機が起こると予想しています

 

そんなジムさんは、金を買う人々について、金の価値を信じてやまない「黄金虫」だと語っていました。ちょっと馬鹿にした感じです。彼は金価格は必ず下がるから1000ドルを切らないと買わないとも言っています。

 

現在の金価格が偽りだとすると、銀の爆上げも起こらない可能性が高く、資産の多くを貴金属に移行してしまった人は大変な目に遭います。

国際金融エリートさんたちは何を企んでいるか分かりません。彼らの裏をかいて儲けてやろうと考えても上手くいかない可能性が高いと思います。

彼らは目を光らせています。インターネット上の金融関係の書き込みは漏れなく監視されているでしょう。僕のくだらない文章もどこかしらの機関が読んでいるかもしれません・・・。それは税務署かも。

 

お金の秘密を知って、世の中の裏側を知ったつもりになり、貴金属に手を出すと取り返しのつかないことになってしまうかもしれません。

金価格暴落の可能性についても考えた上で慎重に検討した方が良いです。

(とはいえ、紙切れの方がアブナイと感じていますが)

 

ここのところ、金塊絡みのニュースが多くて、何かが起こりそうな気配がしています。

それでは、また。