金と銀と紙切れと

価値があると信じられているお金や金・銀について考えたりするブログです。

日本の財政破綻はあるのかな

(´・ω・`) こんにちわ、こんばんわ

 

調べれば調べるほど混乱するのが経済に関する問題です。

世の中には色々な学問の先生がいますが、経済学というのは先生によって仰っていることが正反対に違うことがあります。どちらかが何らかの意図を持ってウソを拡散しているのでしょうか。御用学者なんですかね。

 

 日本は借金ビンボー?大金持ち?

日本経済新聞は「国の借金が1087兆円になった。国民1人あたり859万円だ。」と報じています。これを聞くと、自分は859万円の借金を背負っているんだ。このままじゃ国が潰れてしまうかもしれない、と思うかもしれません。

増税も仕方ないよね、と思うかもしれません。

 

でも、ちょっと待ってください。

日本の借金と言いますが、政府の借金ですよね?そしてその元手は我々国民が貯め込んだ資産じゃないですか?さも、国民の借金であるかのように言うのは止めて頂きたい。

 

そして、もう一つ。日本は他国との貿易で利益を上げているはずで、貿易黒字がたんまり溜まっているはずです。

 

1.日本企業が資源を買い、ドルで支払います

2.日本企業は資源を加工し付加価値を付けて海外に売り、ドルをもらいます

3.ドルを手に入れた企業は再び資源を買うこともできますが、従業員に賃金を支払うために、銀行を使ってドルを円に換えてもいます

4.銀行にドルが余ります

ざっくり言うとこんな感じのお金の流れになります。

日本が黒字を稼ぎ続け、アメリカが赤字を続けていたからプラザ合意に至ったわけです。日本が貿易黒字を続けてきたのであればドルをジャブジャブ持っているので、それを他国に貸し付けたり、海外の債券を買ったりできます。だから、日本が持つ対外純資産は世界で一番多いのです。

 

対外純資産保有ランキング

1位:日本

2位:中国

3位:ドイツ

 

そう、日本は多額の借金を抱えていると騒がれますが、それは自国の通貨の貸し借りの話でしかありません。日銀と政府が協力すれば何とでも対処できるのです。財政破綻したギリシャやアルゼンチンとは違い、他国に対する借金が溜まっている訳では無いのです。賢い皆さんならお気づきでしょう。世界的に見れば日本は世界一のお金持ち国家です。財政破綻を煽るのは陰謀論者か頭のイカれた連中なんです。彼らの言葉に耳を傾けてはいけません。いいですか、日本は世界で一番の国なのです。

日本は世界一!日本は世界一!日本は世界一!

さぁ、ご一緒に叫びましょう。

日本は世界一!日本は世界一!日本は世界一!!!!

 

 

 

 

 このような説明を聞いて僕は一度納得しました。。。

米国債

日本は1兆400億ドルの米国債保有しています。

日本にジャブジャブ溜まったドル紙幣は米国債の購入に使われているようです。

世界の国々がドルを持っているのはドルが基軸通貨だからで、他国と貿易するときにドルを持っていないと買い物できません。

ゴールドとの紐づけが切れたドルは増刷し放題の状態ですが、原油取引はドル決済システムを使いなさいという圧によって基軸通貨の地位を守っています。

 

しかし、中国人民元による原油取引が始まっています。米国債を海外に分散している国もいるようです。もし、米国債が紙きれになったら、日本が保有している純資産はどうなっちゃうわけ???

 日銀と政府が協力っていうのは具体的に何をするつもりなんでしょうか。。。

 

ここで僕の思考は止まっております。

それでは。